実店舗とは少し違うネットショップでの自転車購入

admin / 2018年9月26日

組み立てが完全ではない状態で納品される可能性がある

自転車はインターネットショップでも購入することができますが、実店舗で購入する場合と比べて多少違いがあります。まず挙げられるのが車体の状態です。自転車は非常にサイズが大きく、コンパクトにして配送することが難しいです。ただ、ハンドル部分のねじをあえて締めないことで、前輪部分を後ろ側に向けるように曲げ、多少ではありますが小さく梱包をすることができます。つまり、ねじが完全に締まっていない状態で届く可能性があるので、購入者がしっかりと締めなければなりません。また、防犯登録される警察署の場所が、購入者が住む地域とまったく違うところになる可能性が高いです。というのは、ネットショップの所在地にある警察署に登録することになるからです。購入者が住む地域と防犯登録先の警察署の場所がまったく違っていても法律上、なんの問題もありませんが、警察官に職務質問されたとき、理由を聞かれる可能性はあるでしょう。

ネットショップでは購入できないメーカーも

実店舗では普通に買える一部のメーカーの自転車が、ネットショップだと購入できないことがあるというのも違いの一つです。なぜかというと、対面販売しか認めていないメーカーが存在するからです。したがって、こうしたメーカーの自転車を買いたいという場合は、ネットショップで買うことは諦めなければなりません。ただ、中古自転車を販売しているネットショップであれば、新車では買えないメーカーの自転車を買える可能性があるので、どうしてもネットを利用したいのであれば、中古を扱っているネットショップで在庫を確認してみるといいでしょう。

名古屋の自転車のショップはマウンテンバイク、ロードレーサー、電動自転車などの自転車を扱っていて、その他に付属品も多数あり品揃えが豊富です。