コーヒーバターってどんな味?パンケーキミックスもあるよ!!

admin / 2018年3月28日

日本にはないコーヒー風味のバター

日本の主食はご飯です。ただ、朝食はパン食の家庭が多いです。食パンを購入して自宅でトーストをして好みのものを上にのせて食べる人が多いです。塗るものとしてはバターが定番で、それ以外にジャムやはちみつなどを塗って食べる人もいます。ハワイに行ったときにお土産として、コナコーヒーバターを検討してみましょう。ハワイのコーヒーにコナコーヒーがあります。コーヒーの風味が効いたバターです。コナコーヒーは元々甘い香りがしますから、バターもほんのり甘さを感じます。トーストに塗って食べると、普通のバターを塗るのとは違った味わいが楽しめます。バターなのですぐに溶けるイメージがありますが、簡単には溶けません。常温で数箇月の保存ができます。

ハワイの定番のパンケーキの素

日本で手軽に作れるお菓子としてホットケーキがあります。小麦粉から作ろうとするといろいろ材料を配合しないといけませんが、ホットケーキミックスを利用すると簡単に作れます。水だけでも作れますが、玉子を入れるとよりふんわり作れます。ホットケーキに似ている食べ物としてパンケーキがあります。ホットケーキはおやつですが、パンケーキはおやつにもなれば食事にもなる使い勝手のいい食材です。ハワイでは朝食などで食べられていますし、飲食店などでいつでも食べられます。ハワイのお土産として人気なのが、パンケーキミックスです。本場のパンケーキを日本で簡単に作れます。おやつ風に生クリームをつけて食べたり、ハムエッグなどを合わせて食べたりできます。

ハワイのお土産には、チョコレートやキャンディーなどの安価で日持ちのするものや、自然や文化の良さを取り入れたオリジナルのアクセサリーなどがあります。